About Background task 1

These are the steps to add the background task introduced in this post to a project

Add a project as portable class library
1.Right click on the project on solution explorer, 'Add' -> 'New Project..'
2.On the dialog shown, under 'Visual C#' -> 'Windows Universal',
  then on right panel select 'Windows Runtime Component(Universal Windows)'
  name it, I named "SxddBackgroundTasks"
3.Rename the Class1.cs if you want , I renamed it "DiceThrow.cs"

Set reference the project from the App
1.In 'Package.appmanifest file' navigate to 'Declarations' and in 'Available Declarations'
  select the portable class library name ("SxddBackgroundTasks")
2.Select background task type from the options I selected "Timer"
3.Reference the added project

Register the background task to App
1.Write code as pic1 in Main.cs
2.Write code as pic2 in the Background class




こちらのポストで紹介したバックグラウンドタスクの設定は下記のステップで行いました。

Portable class library用のプロジェクトの追加。
1.ソリューションエクスぷローターから、追加、新規プロジェクト
2.ダイアログボックスから 'Visual C#' -> 'Windows Universal'
 そして右のパネルで 'Windows Runtime Component(Universal Windows)' を選択
  名前をつける ("SxddBackgroundTasks"とつけました)
3.Class.csの名前を好きに変更 ("DiceThrow.cs"とつけました)

アプリからプロジェクトの参照。
1.In 'Package.appmanifest file' から 'Declarations' にいき、 'Available Declarations'
  から上記で作成したプロジェクト名を選択 ("SxddBackgroundTasks")
2.バックグラウンドタスクの種類を選択する。(Timerを選択してます)
3.プロジェクトを参照

アプリからバックグラウンドタスクを登録
1.Main.csにpic1のコードを書く
2.バックグラウンドのクラスにpic2のコードを書く