White black beard board functions 1

I have created a simple project on which the basic function of storing windows ink strokes to an image file is implemented. This is how to build it
 1.Create a new project (select UWP (universal windows app))
 2.Paste this code in "MainPage.xaml" (change the project name ('BBB1') according to your project )
 3.Paste this code in "MainPage.xaml.cs" (change the project name ('BBB1') according to your project)
 4.Build and run the application



WindowsInkのストロークをイメージファイルに保存する機能を実装したプロジェクトを作成しました。下記のステップで実行できます。
 1.新しいプロジェクトを作成(UWP)
 2."MainPage.xaml" にこちらのコードを貼りつけます (プロジェクト名 ('BBB1') を変更してください)
 3."MainPage.xaml.cs"にこちらのコードを貼りつけます(プロジェクト名 ('BBB1') を変更してください)
 4.ビルドして実行します


Pedalin' mix on the web statistics and TDLs updated

Pedalin' mix on the web access seems to have decreased during April. I have added a todo on the TDL about it. I will try to improve the usage.




Pedalin' mix web版の4月のアクセスは減ったようです。
対応するために TDLに項目を追加しました。より便利に出来ないか考えてます。
  

White black beard board devhurdle 2

The white dots on each corner (explained in this post) worked fine for a while, however , using them meant to have a fixed size of 'canvas'.I thought it was not a big issue on smartphone screen,but it was a serious limitation on desktop. Then I prepared a canvas filled with white ink, that is reloaded and cropped when user changes the size of the window on desktop



各角の白いインクのドット (こちらの投稿で紹介した) で開発を続けましたが、キャンバスのサイズを固定することを意味してました。スマートフォンならそれほど大きい問題ではないと考えましたが、デスクトップ環境では大きな制限でした。それで考えたのは白いインクを塗ったキャンバスを用意することでした。ユーザーがウィンドウのサイズを変更するたびに読み込み、サイズに合わせます。

April 2017 cycling post

The most remarkable cycling spot on April 2017 was tokyo tower. I recommend visiting on night.
It is quite near from where I live (less than 30 minutes by bicycle). I want to improve the following:
1.Time to get to tokyo tower.
2.Code golf of this code (it generates the tokyo tower on browser)
(how to run on browser => please refer to this post)



2017年4月にサイクリングしたところで特筆出来るのは東京タワーです。夜訪れることをお勧めします。住んでるところから近い(自転車で30分くらい)。今後、下記を改善したいと思います:
1.東京タワーに着くまでの時間。
2.こちらのコード(ブラウザに東京タワーを描く)を短くする
(ブラウザでの実行方法についてはこちらの記事をみてください)

Profile icon creation

I have created the Icon for profile. (profile page)
I used FireAlpaca (it is free) to create it.
(I use it also to create app tiles)

プロフィール用のアイコンを作成しました。(プロフィール)
作成には FireAlpaca  (無料です) を使いました。
(アプリタイルを作成するのにも使っています)

White black beard board devhurdle 1

I created White black beard board using Windows.Ink library.
One of the hurdles I faced at the beginning of the development was that the code I used  (like the code below) to output to .gif file, processes only the strokes area, not the whole canvas. So, when I draw this,










the output was like this,









I almost gave up to use Windows. Ink library and go for Win2D, however, I came up with an idea of loading an already created .gif file with four white dots (strokes) on each corner of the canvas, and proceed with the development. However, this solution didn't work for the next steps..

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
using (IOutputStream outputStream = stream.GetOutputStreamAt(0))
{
   await mycanvas.InkPresenter.StrokeContainer.SaveAsync(outputStream);
   await outputStream.FlushAsync();
}
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

White black beard board は Windows. Ink というライブラリを使って作りました。作る上で最初の方に直面した問題の一つは、.gifファイルに出力するコード(上記) は、ストロークのエリアだけを対象にしていることだった。上の画像のように描くと、下のような画像が出力されていた。Windows Ink を使うのをあきらめて Win2D でやってみようと考えていたところ、あらかじめキャンバスの各角に白いストロークを打ったファイルをキャンバスに読み込むというアイデアをおもいつきました。それで開発を続けましたが、この策は後のステップでは役に立ちませんでした、、

April app acquisitions

This graphs can be obtained from the dashboard that is provided to each developer in Microsoft developer center site (link)



これらのグラフは、Microsoftデベロッパーセンターで各開発者に与えられるダッシュボードから取得来ます (リンク)

Latest updates

1.I have added Ovi in top page and its link to the webgadget version.
2.To dos update



1.ブログのトップページにOviと、ウェブガジェット版へのリンクを追加しました。
2.To do をアップデートしました。